桐生祥秀の身長は175cm?

先日、追い風参考記録とはいえ、男子100mで9秒87という驚異的な記録を出しました、
日本男子陸上短距離界のエース、東洋大学の桐生祥秀選手です。
洛南高校時代に10秒01というタイムを出して注目されましたが、
ついに9秒台が見えてきましたね。
しかし東洋大学は短距離、長距離ともに陸上名門校になってるんですね。




ジェット桐生なんて呼ばれていますが、ジェット気流とかかってるんですね。
そう、9秒87を出した米テキサス州オースティンで行われた記録会「テキサス・リレー」では、
追い風3.3mだったため参考記録になってしまったんですが、
これを公式記録として認められる追い風2mだった場合に換算すると、
理論的には9秒96の記録に相当するらしいですね。
すなわち桐生祥秀選手はもう9秒台いっちゃってるんですよね。
だいたい日本人選手って10秒1を切ってくる選手はちらほらいるんですが、
あくまでベストであって、それなりに大会に出るとなんか10秒3とか4といかいう不甲斐ない記録になっていたりします。そんなイメージ強いですね。
ちなみに今の日本記録は伊藤浩司選手が1998年に出した10秒00だそうですが、
近いうちに日本記録、塗り替えられそうです。

そんな桐生祥秀選手ですが、公式身長は175cmとなっております。
短距離選手は一般に背が高い人が多くそして有利なんですが、
そんな中では小柄な部類に入りますね。
ウサインボルト選手を見ていると、身長高い方が有利なのが分かります。

というわけで、今注目の陸上選手、桐生祥秀選手の身長について、
実際のところを少しだけ見てみたいと思います。

まずはこちらの写真からいってみましょう。
1

リレーメンバーですね。
高校生ですでに一流メンバーに混ざってもアンカーというポジションになっており、
その才能のすごさを感じることができます。
ちなみに一緒に写っているのは左から下記のとおりです。
飯塚翔太(中大)185cm
高瀬慧(富士通)179cm
藤光謙司(ゼンリン)182cm
桐生祥秀(洛南高)175cm

いかがでしょうかね。
まあ、175cmで妥当かなーという感じはしますね。
どうです?

続いてもう一つ見てみましょう!
2

桐生祥秀さんと山縣亮太さんですね。
ちなみに山縣亮太さんは176cmらしいですが、桐生祥秀さんと比較してどうでしょう?
若干、桐生祥秀さんの方が低いかなーとなっていますね。
まさに公式通りといったところでしょうか。

以上、男子陸上界のホープ、100mの桐生祥秀選手の身長について見てきましたが、
公式の数値である175cmでまあ概ね間違いないような印象を受けましたね。
日本人選手は小柄というイメージが強いと思いますが、
ぜひ陸上で旋風を起こすのも比較的な小柄な方にお願いしたいですね。
デカい黒人たちの前を颯爽と駆け抜ける桐生祥秀選手を見てみたいですね。
その昔は、160cm台の井上悟選手が日本男子100mではがんばっていましたが、
ぜひ井上悟さんのように旋風を巻き起こしてもらいたいと思います!



Photo source:
http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_run/kir099-jpp15039121.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/17/0e/1c2c9cad798b28010955e0568c9606f7.jpg